格安航空会社であり続けるスカイマークの歴史にせまる

スカイマークにはどんな歴史があるの?

スカイマーク航空の歴史を辿っていくと様々な工夫と試行錯誤があり現在の状態があります。
1996年に設立されてから早30年。その間にはどのようなことがあったのでしょうか。
また、スカイマーク航空はどんなところは昔と変化したのでしょうか。

skymark4

■スカイマーク航空の歴史が知りたい!
スカイマークはもともとエイチ・アイ・エス社長澤田氏らによって設立された航空会社です。
航空業が緩和されて初めて参入してきた第一号がスカイマークでした。当初は羽田~福岡間でのみ運行しておりその後運行ルートをどんどん広げていきました。日本における新規参入は約35年ぶりだとして当時より話題になりました。
スカイマークは当初より他社より安い金額で航空券を販売しており、一時は80%にも上る平均搭乗率を誇るようになりましたが、他社航空会社がスカイマークと同様の値段を対策として販売し始めた頃から搭乗率が下がり赤字に転落しています。その後一時回復し黒字を出すところまではよかったのですが、その後も低迷が続き西久保氏が就任してから2008年3月に一度黒字を出すもトラブルは続き2014年には赤字になりました。その後、臨時取締役会において民事再生法が適用され、申請することを承認し2016年3月28日監督命令の取り消しと信じ再生法手続きが完了しています。

■スカイマーク航空が昔と変わったこととは?
スカイマークは経営的に厳しく予算が見込めないため、関西空港の発着を取りやめ、成田発着便の見直し、宮古島や石垣島からも撤退しています。以前は夏季限定で深夜便も行っていましたが現在ではスターフライヤーの羽田~北九州のみとなっています。スカイマークは借りて運行している機体が多いため、運行ルートもたったの半年に満たないで運休になったルートもあり、長期的に続かない路線が目立っています。その他割引サービスに見ても、以前はあったのに今はなくなることや名前が変更している場合があり、試行錯誤しながら今の状態になってことがうかがえます。

いかがでしたでしょうか。スカイマークという名前は知っていても過去の歴史にまで興味を持ち理解している人は少ないのではないでしょうか。スカイマークは現状破綻しましたが2016年8月には平均搭乗率80%を超えるなど徐々に盛り返し始めています。その結果はすぐには出ませんが今後大きく変化し変わっていくものであるといえるでしょう。
スカイマーク航空のエアバスを見ることが出来なかったのが残念ですが今後また導入したら見てみたいものですね。

Scroll To Top